ブロックを持っている人が気になるとき

ブロックを持っている人が気になるとき

人がなにか心のブロックを乗り越えたとしますよね。

そうすると、そのブロックを「まだもっていそうに見える人」のことがすごく気になったりします。

ときには批判し、あるときにはおせっかいな助言をはじめたりします。
 
これ、なにが起こっているかというと、ブロックを乗り越える前の自分をゆるせていないんですね。
 
それで、以前の自分のような人に投影してしまう。
 
 
私も過去、このことに気付けず、大切な人に悲しい思いをさせてしまったことがありました。
 
 
乗り越えることと、乗り越える前の自分をゆるすことは、セットにするといいですね。
 
乗り越える前の試行錯誤があって、今の自分があります。
 
過去の自分には感謝しかないですね。

感じたことをお聴かせください

無料小冊子ダウンロード