内田晴香プロフィール

内田晴香

内田 晴香(うちだ はるか)

ライフコーチ・ソウルアート作家
株式会社クレアディール 代表取締役

「本当の自分で、本当にやりたいことをやる。」をテーマに、ライフコーチとして活動中。心を解放し、本来の自分を思い出す、セッションに定評がある。また、魂からのメッセージをアートにして届ける創作活動も行っている。26歳で東京新宿に株式会社クレアディールを設立。

My Life Story

このページにお越しくださって、どうもありがとうございます。

私は今、「本当の自分で、本当にやりたいことをやる。」をテーマに、ライフコーチとして活動しています。
それから、魂からのメッセージをアートにして届ける創作活動もしています。

26歳で株式会社クレアディールを設立し、新宿に事務所も持ちました。
そこだけお伝えすると、うまく生きてきた人間のように聞こえるかもしれません。

しかし、私の人生は、決して順風満帆ではありませんでした。会社を作ってからも一人で悩み続けました。決して、器用な人間ではないのです。でも、だからこそ、私の経験があなたにとってプラスとなるかもしれませんので、お話しさせていただきますね。

やりたいことがわからず、もがいた過去

人生前半、私はいつも心に葛藤を抱えながら生きていました。

中でも、「孤独感」と「無価値感」は私にとって目の上のたんこぶのようなテーマでした。誰とも話が合わず、誰にも受け入れられず、打ち解けられず、甘えられない。そんな自分が嫌いでした。

 

うずくまる女性のイメージ

 

そしてそのことを隠しながら、価値ある自分になろうと、逃げ込むように仕事に熱中しました。26歳で独立をし、新宿に事務所を構えて法人化もしました。

独立当初はデザインやマーケティングの仕事をしていて、やりがいもありましたが、本当に人生をかけてやりたいものではない、という思いがありました。社会的なインパクトの大きさに関わらず、私には何かもっと重要な役目があるような気がしてなりませんでした。

しかし、目の前にある「やるべき」と思っていること、毎月の家賃を滞りなく支払うことに精いっぱいで、何がやりたいかさえわかりませんでした。当時の私にとって、仕事の手を止めることは恐ろしいことだったのです。

 

悩みのイメージ

 

やがて、おぼろげながら、他者の人生の相談役でありたいとか、絵や文章を描きたいとかといった願望に気付きはじめました。でも、そういったことで生きていく方法など、学校では教わりませんよね。やったことのないことへの不安、自分の才能のなさを思い知る恐怖がまさり、私は願望から目をそむけました。

そういった状態でビジネスを続けようとしていましたから、気分はいつもどんよりとして、自信もなくなっていきました。ついには、めまい発作まで起こすようになり、いよいよ生き方を変えなければと思いはじめました。

 

めまいのイメージ

 

ライフコーチングとの出逢い

そんな私の突破口となったのが、12ステップライフコーチングとの出逢いでした。この学びを通して、私は自分の人生前半の生きづらさの意味に気付きました。

それは、地球の意識と宇宙の意識のギャップによるものでした。進化が進み、愛で満たされている宇宙の意識に対して、地球の意識はまだまだ途上にあります。私の魂は、地球の意識を高めることを、使命に選んで生まれてきました。そして、気づいていなくても、同じ使命を持っている人が、地球にはたくさんいます。

しかし、そういった人たちにとって、地球での低いエネルギーは時につらいものでもあります。争い、偽り、無意味なルールなどに、疑問を持ちながらも抵抗できなかったり、批判され続けてセルフイメージを大きく下げてしまったりするのです。

そんな環境であっても、心の中に光を見出し、自分のエゴを克服し、そして使命のために立ち上がる。これが、私の人生の目的なのだとわかりました。

宇宙は魂の成長を応援する。

だから、人生の目的にそって、魂レベルでやりたことをやれば、必ずうまくいく。

そう、確信できました。

そして、「妥協せず1番やりたいことをやる」と決断することができ、人生は大きく変わりました。私に必要な人や情報が、怒涛のごとく集まり出しました。

 

壁に空いた穴のイメージ

 

意識の目覚め

私の意識はみるみる変わっていき、内側で魂や宇宙の源とつながる感覚が芽生えました。「孤独感」や「無価値感」をはじめとする、あらゆるネガティブな感情が、自ら作り出して体験しているものだとわかり、それらに振り回されることがなくなりました。

 

メールマガジン

 

今はライフコーチに転身し、大好きなアートも活かしながら活動しています。

転身するときは、ものすごく大きな勇気を要しました。
でも、思い切ってよかった。

「本当の自分で、本当にやりたいことをやる。」という、私の心のど真ん中のテーマで発信をし、セッションを受けられた方の変化・変容に立ち会う毎日に、大きな幸せと感謝を感じながら生きています。

私にとっての転機となったこのセッションを、必要とする方に届け続けることが、今の私の一番の願いです。

内田晴香

 

ライフコーチとは?

スポーツの世界にコーチが存在するのはご存知かと思います。
ライフコーチとは、人生をコーチする職業。つまり、よりよく生きるためのアドバイスをする職業です。
仕事や人間関係など、人生の様々な岐路で伴走をするプロです。

日本ではまだなじみがないかもしれませんが、アメリカでは約2万人、全世界では数万人が従事していて、ステータスのある職業として認知されています。

コーチというと、コーチングを思い浮かべる人がいるかもしれませんが、コーチングとはやや異なります。
コーチングは質問を中心にクライアントを導きますが、ライフコーチの場合は具体的なアドバイスも積極的に行います。

中でも、魂レベルの視点を取り入れたライフコーチが「スピリチュアルライフコーチ」であり、私、内田晴香は一般社団法人スピリチュアルライフコーチ協会の認定を受けています。

 

無料小冊子ダウンロード