受け取る準備のできたものしか目に入らない

内田晴香 シンギング・リン瞑想

今月で、独立して6年目に入りました〜!
支えてくれた方たち、幸運な巡り合わせ、すべて受け入れてくれるパートナーに心から感謝します。

そして、一筋の光を信じて行動し続けた、過去の自分に感謝をしたいです。
 
 
新宿にオフィスを構えた26歳のころは、
自分で自分を追い込んでいたのを
思い出しました。
 
当時の睡眠は”平均”で4時間。
頭の中は「やるべき」タスクでいっぱい。
 
オフィスの前に公園があるのに、
一度も散歩したことがありませんでした。
 
というか、あんなに大きな公園があることに
気付いてもいなかった(笑)
 
人は受け取る準備のできたものしか
目に入らないのですね。
 
「やりたい」ことは
邪魔もの扱いしつづけて、
思い出すこともできなくなりました。
 
 
 
今は、
自分の内にある沈黙の中にダイブするのが
最高に大好きです。
 
あらゆる「荷物」と「飾り」を手放して
静寂の中にとけゆくとき、
どこまでも広がる意欲とともに
魂のふるさとに還るような安らぎがやってきます。
 
 
 
ちょうど1年前、
なにか楽器を奏でながら
誘導瞑想をしているビジョンを
白昼夢のように受け取りました。
 
その後に出会ったのが
ヒーリング楽器のシンギング・リン。
 
そして今、
シンギング・リンの倍音とともに
瞑想のガイダンスをすることが
私の大きな歓びとなっています。
 
 
 
「やりたい」という感覚は
ほとんど「未来予知」と同じで
やりたいことは当たり前に
実現できるという捉え方に変わりました。
 
 
 
心の安らかさ
求めていた答え
本当の自分
生命エネルギーの根源、、、
 
これらとつながる入口へ
大切な人たちをお連れしたい^^
 
 
 
今日も、明日も、
そばにある幸せに気付けますように☆

感じたことをお聴かせください

シンギング・リン瞑想会