うまく描こうとしない(ソウルアートワークショップより)

ソウルアートワークショップで描くときのただ一つのルールは【うまく描こうとしない】。

たったこれだけで、私たちはうんと自由になることができるのですね。

昨日のご参加のみなさん
すぐに体得してくださって、
 
ためらうことなくいろんな描き方を試し
思いがけない色のにじみを楽しみ
 
誰に教わることもなく
自らの気づきから
学んでいらっしゃいました。
 
結果や正しさ、
他人からの評価を求めなくなると
その人本来の輝きが増すように感じます。
 
見せてはいけない、
と思うところにこそ
目が眩むほどまぶしいものがありますから。

ご参加いただいた方の声

思ったようには描けないけど、それがおもしろいと感じました。思いもよらない形で、結果的に求めていた答えが表現されると思いました。(K・Kさま)
絵を描くことが苦手でもできるとの話でしたが、その通りでした。感覚で絵を描け楽しかったです。瞑想をしてイメージを想像できるので、描きやすかったです。(K・Mさま)
集中力をかなり使いました。絵のイメージで、心地よさを感じたり、手放したりできることが良いと思いました。(D・Tさま)
楽しかったです!!優しくおだやかな誘導瞑想が心地よかったです。コツを教えてもらえたし、雰囲気がよかったです。(芝本菜美子さま)

ワークショップの詳細はこちら

ソウルアートワークショップ

感じたことをお聴かせください

無料小冊子ダウンロード